国際会議VISAPP2016にて発表

計算知能・マルチメディア研究室の博士2年、ムハマド ハリス君の論文が、国際会議 The 11th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISAPP2016、イタリア、ローマにおいて、2016年2月27日から29日の期間開催) のオーラルとして採択されました。

27176

発表タイトル等は以下の通り。
M. Haris, and H. Nobuhara, ‘Super-resolution Based on Edge-aware Sparse Representation via Multiple Dictionaries,’

27181

たくさんの方々に興味をもって聞いていただくことができました。貴重なコメント、ご質問ありがとうございました。

27183

すべての食は、ローマに通ずる? ハリス君は、お料理も堪能したようです。

共同研究先

拙著紹介

最近の記事

Web Consulted by MagSL Inc.