国際シンポジウム ISCB2014 でハリス君発表

2014年11月12日、国際シンポジウム The Third International Symposium on Citrus Biotechnology (Nov 11 – 14, 2014 Shizuoka (Japan)) において、計算知能・マルチメディア研究室のムハマド・ハリス君が発表しました。

発表題目:”High-resolution Digital Map Construction Aims to Support Citrus Breeding Using Autonomous Multicopter”
著者:Haris Muhammad, Kento Ishii, Liu Ziyang, Takumi Sugiura, Miao Qi, Takuya Watanabe, Seita Sukisaki, Takanari Tanabata, Sachiko Isobe, Tokurou Shimizu, Terutaka Yoshioka, Hajime Nobuhara

豊富な映像と、すばらしいスピーチにより、魅力的なプレゼンを展開したハリス君に、多くの聴衆からの拍手と質問がありました。今回のシンポジウムのお世話を色々としてくださった清水様(農林機構 カンキツ拠点)には、重ねてお礼申し上げます。

DSC01319 - 2013-07-19 at 19-29-50

DSC01328 - 2013-07-19 at 20-25-05

58949

共同研究先

拙著紹介

最近の記事

Web Consulted by MagSL Inc.