研究テーマ一覧


 小型無人航空機(UAV)に超高精細カメラを搭載し、対象を時間的と空間的に連続したデータとして計測するプロジェクト  

GPSと複数のソーシャルサービスを有機的に連動させスマートデバイスをターゲットにレコメンドする

マルチエージェントシステムを使って人の流れを再現し、建物内の効率的な移動、イベント開催時の渋滞を予測

超解像技術とは解像度の低い画像を高解像度の画像に変換する技術である.ここでは可能な限り計算資源を必要としない超解像技術を追求する

小学生をターゲットに直感的かつ効率的に利用できる調べ学習環支援ツールを企業と共同で研究開発

P2Pの仕組みを利用した仮想通貨Bitcoinのインフラを積極的に活用しネット産業を革新する

不動産ポータルサイト等をターゲットに、直感的に使いやすいインタフェースに基づく情報推薦技術(レコメンデーション)を提供する

画像や映像の不正コピーを防ぐために暗号化された透かしを画像内に埋め込み保護する技術の研究・開発

最新の機械学習技術(Deep Learning等)を利用し経済現象等の予測を行う実アプリケーションの研究・開発

農業×計測×情報通信ワークショップにおいて鋤先君発表

2016年11月17日-18日、名古屋大学東山キャンパスにおいて、農業×計測×情報通信ワークショップが開催されました。計算知能・マルチメディア研究室からは、鋤先君が参加・発表してきました。たくさんの方々に興味を持っていただき、たくさん質問もいただきました。ありがとうございます。発表情報は以下の通り。

鋤先星汰, ムハマド ハリス, 霜村 瞭, 張 鶴鳴, 李 宏陽, 延原 肇, 振幅変調パルス光を用いたドローン位置推定システムにおけるセンサー群の構成とキャリブレーション方法

img_3340
会場となった名古屋大学の建物

img_3342
隣に、大学の生協があったので、本屋さんをチェックしたところ、拙著、応用事例とイラストでわかる離散数学がありました!

img_3354

img_3356

共同研究先

プロモーションビデオ



最近の記事

Web Consulted by MagSL Inc.