研究テーマ一覧


  小型無人航空機(UAV)に超高精細カメラを搭載し、対象を時間的と空間的に連続したデータとして計測するプロジェクト  

ターゲットユーザーを小中学生とし,インターネット環境およびスマート端末を積極的に活用した,調べ学習のための新しい方式を提供する

不動産ポータルサイト等をターゲットに、直感的に使いやすいインタフェースに基づく情報推薦技術(レコメンデーション)を提供する

超解像技術とは解像度の低い画像を高解像度の画像に変換する技術である.ここでは可能な限り計算資源を必要としない超解像技術を追求する

多様なソーシャルメディアの情報を、深層学習やデータ圧縮手法を利用し、望むカテゴリに分類する

画像の不正利用を防ぐために,画像に電子透かしとよばれる,所有者の情報を埋め込み,不正にコピーされた場合に,それを検出する

学生達を仮想空間内に配置し,時間割および教室配置に基づき移動させ,移動時間が最小になるようなアルゴリズムを提案する

膨大なTweetsから観光地に対応するものを抽出・分類を行い,ユーザーが咀嚼しやすいサイズに分割し,地理情報と関連付けて視覚化する

P2Pの仕組みを利用することで簡単に送受信可能、決済手数料も極めて安価な仮想通貨Bitcoinが引き起こす経済現象を解析するプロジェクト

FIT2014 第13回情報科学技術フォーラム開催

2014年9月3日から5日までの3日間、FIT2014 第13回情報科学技術フォーラムが筑波大学において開催されました。私(延原)も現地実行委員として、また計算知能・マルチメディア研究室のメンバの多くも、学生スタッフとしてお手伝いさせていただきました。
参加者も約1,500名という国内で開催される情報系の会議の中でも非常に大きなイベントの一つに従事することができ、非常にすばらしい機会でした。

下の画像は、現地実行委員会委員長(大田副学長)と実行委員の先生方・学生スタッフの皆さんの集合写真。

以下の画像は、開催期間中の目玉イベントの一つ、船井業績賞の講演。今年受賞された、辻井潤一先生のご講演で、我々のモチベーションを上げてくださる非常に素晴らしい内容でした。

共同研究先

プロモーションビデオ



最近の記事

Web Consulted by MagSL Inc.