Topological Data Analytis

データを解析する、といっても、実は様々な切り口があります。最近、その新しい切り口の一つとして注目されているのが、データのつながり、もう少し専門的な用語で言えば、位相的な構造(Topology)に着目して解析する手法、Topological Data Analysis になります。

対象とするデータを、ちょっと遠くから観測すると(マクロな観点からみると)、その分布はドーナツのような穴が1つあいている形になっており、実はこのような構造を持つ既存のデータでえられた知見が活かせるかもしれない、といった展開が期待されています。また、このようなデータの構造を考慮しながら、機械学習の枠組みを構築すると、効率的かつ精度の高い学習が可能になるといった展開も期待されております。

本研究室では、数理的な枠組みも大切にしつつ、がしかし、実データと乖離しないように、適切なバランスをとりながら、このプロジェクトを進めてゆきたいと考えております。

共同研究先

拙著紹介

最近の記事

Web Consulted by MagSL Inc.